安田彩乃
2020-11-12

目の下のクマが気になる方へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナース:安田彩乃

ナース:安田彩乃

ナース:安田彩乃

職種
ナース
趣味

こんにちは、大阪院看護師の安田です

 

寒くなってきていよいよ冬が近づいてきました・・・!

寒いのが苦手なので、朝と夜がとてもつらいです

 

今回は、目の下のクマについてご紹介します

クマの原因には2種類あり、①目の下の血行不良 ➁目の下の膨らみ

と言われています。

①に関してはマッサージや、温めるなどである程度改善が見込めます。

➁に関しては、自力で治すのはとても難しいです・・・

 

何故なら、それは脂肪が原因だから!

眼窩脂肪という、眼球を守っているクッションの役割をしている脂肪が

年齢を重ねるごとに目の周りの筋肉が支えられなくなってしまい

徐々に皮膚表面、目の下に押し出されてきます。

脱脂(眼窩脂肪切除)という選択肢もありますが、これが適応になるのは【涙袋よりも目の下の膨らみが目立つとき】なんです

眼窩脂肪を採るというのは、方法として下瞼の裏を切開し中から脂肪を切り出す・・・

つまり、あっかんべーした時の粘膜を切って・脂肪を摘まみだして・切る ということ。

・・・これを局所麻酔でやるのは、正直怖いです(*_*)

 

じゃあ適応じゃないならずっとこのままなのか?

実はそんなことないんです!

 

目の下の段差を、マイクロ加工したCRFという脂肪を入れることで

膨らみによる段差を滑らかにし、影感をなくすことができます

 

しかもこの手術、細い針の注射だけで終わります

 

まず脂肪を採ってくる必要がありますが、これは静脈麻酔で眠ってるうちにできます

当院なら、眠ってるうちに注入することも可能です

(⇓に症例がありますのでご参考ください!)

https://www.theclinic-osaka.com/photo/no569/

 

また、SRFという【半永久的に脂肪を保存できる施設】と提携していますので

脂肪を採って一度保存してしまえば、他の気になる部分にも注入することが可能です

 

詳しい施術方法や、ご料金などはHPをご確認ください!

また、適応となるか分からない場合は事前にお写真をお送りいただくと診察が可能となります

まずはお電話、LINE、メールなどからご相談ください

 

皆様のご相談をお待ちしております

SNSでもご購読できます。

ナース:安田彩乃

職種
ナース
趣味