安田彩乃
2019-12-15

脂肪溶解注射と吸引の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナース:安田彩乃

ナース:安田彩乃

ナース:安田彩乃

職種
ナース
趣味

こんにちは、大阪院看護師 安田でございます。

 

もうすっかり年の瀬ですね。1年はあっという間でした!

 

 

今日はよくご質問される脂肪溶解注射についてお話させていただきます

 

 

ダイエットに興味のある方なら、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

脂肪溶解注射とは、簡単に部分痩せができてDTがない!あっという間に小顔!など謳われることが多い、

脂肪を溶かす成分が含まれた注射のことです

 

脂肪溶解注射は、脂肪細胞を小さくすることで部分的な痩身を目的としています。

たとえばお顔。小顔になりたい、顔の丸い感じを改善したい!そういったご希望に合わせて

適切な量の溶解注射を、適切な部位に使用します。

指先などの細かな部分にも使用できることもメリットの一つです

 

お身体にも使用することは可能ですが、この場合たくさんの量が必要になります。

例えば腹部の場合。みて分かるように、広範囲ですよね。

この範囲にすべて薬液をまかなければいけませんから、かなりの量が必要です。

 

一方脂肪吸引では、溶解注射と違い細胞の数ごと減らします

また、広範囲の手術が可能です。腹部も下腹部だけでなく全体的に。

部分的に取ってしまうと不自然に凹んだり、バランスが悪くなりがちですが

脂肪吸引では全体のバランスをみながら施術が可能なので、スタイルを作り出すことができます

指先など神経や血管の多い細かな部分には施術ができませんが、

腰や太もも、二の腕などのダイエットでもなかなか落とせなくて

リバウンドしやすい部分の痩身にピッタリです

 

当院で行っている脂肪吸引は、ベイザー波を使用したものです

脂肪細胞を無理やり引きちぎってくるような従来の方法ではなく、

脂肪をバラバラにほぐし、ふやかして吸引してくるものです

そのため、タイトニング効果も期待できます

 

脂肪溶解注射は、繰り返し注射を行うことで徐々に効果を引き出します。

また、細胞を溶かし小さくするだけなので

継続したダイエットが可能な方であれば効果は続きますが

日頃からあまり運動をしない、太りやすい体質という方であれば

細胞ごと取り除ける脂肪吸引がお勧めです

 

それぞれどちらが良いのか、お悩みであれば一度カウンセリングにお越しください

医師が診察し、どちらが適応であるかしっかりと判断いたします

 

THE CLINICでの施術について⇩

BNLS(脂肪溶解注射)について→こちら

VASER脂肪吸引について→こちら

 

SNSでもご購読できます。

ナース:安田彩乃

職種
ナース
趣味