徳永
2020-02-17

やっぱり、ナチュラル美バスト♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナース:徳永

ナース:徳永

ナース:徳永

職種
ナース
趣味

こんにちは

今年は暖冬のようで、あたたかい日が続いておりますね

花粉も飛散しているようですが、体調いかがお過ごしでしょうか

 

本日は、バッグの取り出し+コンデンスリッチファットをお胸に注入された方をご紹介します

 

シリコンバッグをお胸に入れられて、10年経過し、不自然な形を気にされておりました

長年、悩まれて自然なお胸にしたい、と施術を受けられました

 

身長:161㎝

体重:48kg

授乳歴:2人

 

手術前:バッグが入っているお胸は、大きさはあるものの、デコルテから急にポコッとボリュームが出ています。

自然とは言い難いですよね

 

6か月後:コンデンスリッチファットをお胸に注入することで、自然にボリュームアップしているのが分かります

バッグが入っているお胸と比較すると、大きさ自体は減った印象かもしれませんが、デコルテから自然な膨らみのあるお胸になりました

 

横から見ても、デコルテからのポコッとした突出がなくなって、自然でとても綺麗ですよね

 

授乳後、ボリュームダウンしたお胸を改善したくてバッグを入れられた方

年齢が若いときの勢いでバッグを入れられた方

バッグは半永久的、入れ替えをすれば大丈夫と言われて入れられた方もいらっしゃると思います。

 

実際は、破損してしまったり、

体がバッグを異物と認識することでカプセル拘縮を起こし、いびつな形になってしまう方もいます。

中には、痛みを伴うこともございます

 

こういったトラブルを放置してしまうと、取り出しが非常に困難にる可能性があります

また、バックを取り出しても、引き攣れが残ってしまう場合もあります

 

カプセル拘縮(被膜拘縮)とは?

シリコンバッグなど、異物が体に入ると、異物と認識した身体の反応で、バックの周りに膜ができます

これを、被膜と言います。

被膜は、異物を閉じ込めようと硬くなりシリコンバッグが強く締め付けられる、この状態がカプセル拘縮です。

こういったことが原因で、見た目が不自然になってしまいます。

これは、正常な身体の反応なので、問題はありません

ですが、放置してしまうと、先ほど述べたように、痛みや取り出しが困難になる場合がございます

※カプセル拘縮を起こす割合は、バッグを入れた方、全員に起こるわけではありません。

通常時通常時:シリコンバッグも本来の形を保ち、バストのフォルムも正常

力を入れた時カプセル拘縮:厚い被膜でシリコンバッグが締め付けられ、バストも硬く変形

 

バッグの取り出しとコンデンスリッチファット注入の施術を同時に受けて頂くことで、自然なお胸に近づけることができます

バッグのお取り出しだけされる方もいらっしゃいます

 

当院では、経験豊富な医師が、事前にエコー検査とカウンセリングを行います

不安なことは何でもお気軽にご相談下さい

 

スタッフ一同、お待ちしております

 

 

SNSでもご購読できます。

ナース:徳永

職種
ナース
趣味